難関校合格へのブレイクスルー

さまざまな困難を乗り越え、
難関校に合格した受験生のブレイクスルーをご紹介。
現状を打開するためにどう考え、 どう行動したのか。
みんなのブレイクスルーをヒントに、あなたも夢の志望校をめざしませんか?

【 vol.47 】 聖光学院中学校 合格

石田 卓也くん(仮名)/神奈川県私立小学校出身の場合

小学6年で急に成績ダウン……。その原因は?

国語の成績が下がってしまったことがきっかけでTOMASに入塾した石田くん。彼の成績が下がってしまった主な原因は、2つ考えられました。

 

1つめは、語彙力不足です。

漢字や知識問題などの勉強の積み重ねが不十分で、模試などで取りこぼしてしまうことが多かったのです。

 

2つめは、正解を出すために必要な手順をふまず、解き急いでしまうクセがあったことです。

石田くんは能力的には素晴らしいものを持っており、ていねいに順を追って答えれば正解を出せるのに、焦って解き急いでしまうために失点してしまうケースが散見されました。

また、自分流の勉強法や解法に固執してしまう傾向があり、思い込みによって誤った解釈をしてしまうと軌道修正ができず大幅に失点してしまうことも……。

 

語彙力を強化し、確実に正解を導くための手順を学び、どんな問題にも対応できる柔軟性を身につけること。

これらの対策が、国語の成績アップのカギでした。

個別はここでブレイクスルーPoint

対話形式の指導で課題を克服!
専用の問題集で基礎固めを徹底!

語彙力強化については、専用の問題集を用いて総復習を行い、漢字・知識などの基礎を固め直しました。

また、毎回の授業では確認テストを実施し、その予習と復習によって知識の定着を図りました。

 

質問に答える中で柔軟性を伸ばす!

正解を出すための手順や柔軟性については、問題の添削指導を通してその習得を目指しました。

まずは本人に自力で答案を作成してもらい、その答案の妥当性を検討するために対話を繰り返したのです。

 

「なぜこの答えになったのか?」

「設問をよく読んで答えたらどうなるか?」

「傍線部近くのヒントを確認したか?」

「自分が書いた記述答案は、別の言い方で説明できないか?」

などと問いかけ、石田くん本人の口で一つずつ説明してもらったのです。

その際、自力で答案を作成している時には働かなかった思考が働くような問いかけを行うことで、思い込みや決めつけを排除して柔軟性が得られるよう工夫していきました。

 

はじめのうちは質問に上手に答えられない場面もありましたが、徐々に慣れてくると、それに伴って成績も上昇。

過去問演習でもこの添削指導を継続し、入試直前期までに成績を合格圏内に引き上げることに成功しました。


TOMASサイトのオススメ

合格まんが 中学受験志望校対策相談室 TOMAS校舎インタビュー

Article List記事一覧

Recommendオススメ記事

難関校合格へのブレイクスルー
おかあさんの参考書
さきよみ中学受験

新着記事New

カテゴリCategory

  • facebook
  • サイトポリシー