わが娘の中学受験チャレンジ日記 第12回
~GW特訓前 ~

わが娘の中学受験チャレンジ日記 第12回【~GW特訓前 ~】

季節はさらに進み、春というよりか初夏みたいな暑さの日もありますね。
気がつけば4月も最終週を迎えました。
今週末からゴールデン・ウィークです。

去年は家族で北陸を旅しました。
富山~石川~福井。
北陸新幹線に乗って、ローカル線に乗って、ローカルバスに乗って「あえて」の電車&バスの旅。
(地理の勉強も兼ねてです!)

その時、のと鉄道乗車中に家族で――

母「来年のGWは塾で特訓だね」
父「だから、今年(5年生のGW)が小学校生活最後のGWだね」
娘「そうだね~ああ、小学校生活短かったな!(笑)」

と大笑いしながら冗談混じりに話したことを、いまでも鮮明に覚えています。

そして、その予想(?)通り、今年のGWは休みなく塾で長時間にわたり(お弁当を持って!)授業を受けます。
娘にとってはじめての志望校別特訓。
なんとか志望するクラスへ入ることができました。

ですが…先日受けた模試は散々な結果でした。
娘は大いにショックを受け(私もです…)
珍しく…いえ、勉強でははじめて…
その結果に、悔しくて、不安で、辛くて、泣きました。

そうなってしまうと、
親はただただ見守ることしかできません。
父親は励まそうとしましたが、私は止めました。
反抗期もあり余計に感情がたかぶってしまうと思ったからです…

しばらく泣いて、娘が落ち着いてから、いろいろなことを話し合いました。
反省点、改善点、今後のこと。

そして――娘が出した結論は「どんなに成績が悪くなっても志望校は変えない」でした。
それには「勉強がもっと必要」ということも実感したようで、
その次の週末は模試の解き直しをひたすらやりました。

解き直すことでわかったこと「模試で冷静になればもっと点数が取れたんだ…」ということ。
気合が入り過ぎたのか、それとも普段と違うペースに戸惑ったのか、模試の時娘のなかでなにかパニックが起きたようです。

「だから解けなかったんだ…」と小さくつぶやく娘。
その姿を見て私は、
彼女が「本当の中学受験生」になっていく…と思いました。
目の色が変わったというか、
気持ちに変化が訪れたというか。
うまく表現できないのですが…
「何かのスイッチが入った」という感じです。

失敗を糧にする。失敗から学ぶ。
この出来事が娘にとって「分岐点」になりますように。
来年、桜の木の下で「あの頃が底だったね」と笑って話せますように。
親として祈らずにはいられません。


テレビを見る習慣があまりない我が家ですが、
(娘もテレビより読書大好きなので)
最近は親子で意識してニュースを見るようにしています。
これは時事問題対策です。

テレビから伝わってくる出来事に対して、
娘に「どう思う?」と問いかけます。

すると、すらすらと意見を述べてくれます。
思ったこと、感じたこと、分析したこと、予測も。
なかにはこちら(親)が「子どもは子どもなりに真剣に考えているんだ」と思うこともしばしばあります。

まずは口に出させて、
そしてそれを文章化させる。
『私のニュースノート』を作りました。
日常生活でも気づかれないように記述の勉強です(^-^;


画像は石川県の能登半島を走るローカル線「のと鉄道」です。

つづく。

著者プロフィール

佐倉三咲子さん

ペンネーム 佐倉三咲子(さくら みさこ)
都内在住の40代、フルタイムで働くワーキングマザー。
公立小学校に通っている娘の中学受験成功のために、エンジニア職の夫と「三人四脚」で奮闘中。


TOMASサイトのオススメ

合格まんが 中学受験志望校対策相談室 TOMAS校舎インタビュー

Article List記事一覧

Recommendオススメ記事

難関校合格へのブレイクスルー
おかあさんの参考書
さきよみ中学受験

新着記事New

カテゴリCategory

  • facebook
  • サイトポリシー