スマートフォン|学年別案内 小学1・2年生のプレ・エリート個別指導

新型コロナウイルス感染
拡大への対応について
[7月7日更新]

【7月7日】TOMASにおける新型コロナ感染防止対策について
詳しくはこちら

【5月23日】朝日新聞(5/23朝刊1面)、読売新聞(5/23朝刊26面)にTOMASの感染防止対策についての記事が掲載されました。

【5月21日】NHK「首都圏ネットワーク」「ニュース7」(5/21放映)にTOMASの感染防止対策が取り上げられました。

【5月16日】朝日新聞・日経新聞(5/16朝刊)に[新型コロナ感染防止対策]についての全15段広告を掲載しました。 詳しくはこちら

最難関中学受験に特化した
エリート個別指導コース

スペックTOMASは
ここが違う!

集団指導塾との違いとは?

集団指導塾では、理解不足のまま授業が進んでしまい、致命的な苦手単元になるというケースが少なくありません。また、膨大な勉強量と宿題が課されることもネックになります。対して、個別指導では、一人ひとりの理解度に応じた効率的な学習が可能になります。理解度の高い単元は進度を速めたり、不安のある単元は進度を抑えたりと、一人ひとりの状況に応じてカリキュラムを確実に進めることができるのが最大のメリットです。

他の個別指導塾との違いとは?

個別指導塾の多くは、一人の講師が生徒二、三人程度を担当し、隣に座って質問対応を行う形式で、できないところを補うための「補習」指導が中心になりがちです。対して、スペックTOMASは、生徒一人に先生一人の完全1対1個別指導。講師が立って板書をしながら「授業形式」で指導を行う「本物の個別指導」です。わからないところを教える補習ではなく、先取りや予習を含めた「ハイレベルな進学指導」が可能になります。

CLOSE

本物の個別指導だからできる
“余裕合格”

詰め込み型の集団指導で合格をめざすのではなく、 一人ひとり個性に即した個別指導で“余裕合格”へ。
そんな理想の中学受験のカタチがここにあります。

おすすめコンテンツ